FX取引ってなに?儲かるの?儲からないの?

FX-為替 FXの基礎

 

FXとは何なのか?

通貨の売買?レバレッジ?スプレッド?
FXを始めたいけど、わからないことが盛り沢山。

そんなFXを簡単に説明していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

FX(店頭外国為替証拠金取引)

FX取引とは

「FX」とは、「Foreign Exchange」から作られた日本で使われる短縮形の造語のことです。異なる法定通貨を売買し(日本円とUSドル、日本円とユーロ、など)、その為替の変動差(価値の変動差)で利益を狙う取引です。基本的には株式取引等と同じで、「安く買って高く売る」若しくは「高く買って安く売る」これを行うことが基本となります。

 

FX取引の特徴と魅力


メリット①
「レバレッジ」効果で、少額資金で多額の資金の売買ができる。

「レバレッジ」とは、いわゆる「てこの原理」のこと。取引会社に預け入れた証拠金(保証金)の数倍~数十倍の取引ができるシステムです。要するに、預けた資金を担保に、預けた資金以上での取引ができるということです。たとえば、「レバレッジ10倍」であれば、1万円で 10万円の取引ができるということになります。

 

メリット②:
24時間いつでも取引ができる。

外国為替は、株式取引における証券取引所のような取引所はありません。よって、世界各地にある銀行間で為替の取引がされています。そのため為替取引(FX)は、平日であれば24時間いつでも取引ができるのです。そのため、日中時間がないサラリーマンの方でも夜間に取引することが出来るというメリットがあります。

 

押さえておきたいポイント①:スプレッド

FX取引には手数料という概念は基本的にありません。その替りにあるのが「スプレッド」という物が存在します。
スプレッドとは、売り(Bid)と買い(Ask)のレート差のことを指し、これは各証券会社毎に設定されており、これが「実質の手数料」ということになりますので、この「スプレッド」の幅が狭ければ狭いほど有利に取引することができます。

 

押さえておきたいポイント①:スワップ

スワップとは、「スワップポイント」の省略形で、2国間の金利の差額を「スワップポイント」という形で受け取れるという仕組みです。このスワップポイントを狙って高金利の通貨を買うというトレード方法もあります。但し、注意が必要なのは、スワップポイントは金利差が元になっていますので、金利が高い通貨で金利が安い通貨を買うと逆にマイナスとなることもあります。

 

 

FX取引のトレードスタイル

株式投資等でもそうですが、投資のスタイルも様々で、FX取引はどちらかというと、人によってスタイルの違いが顕著だと思います。

超短期投資:スキャルピング

数秒~数分単位で取引を「スキャルピング」と呼びます。
一瞬の値動きで利益を狙う取引です。この取引スタイルには瞬発力と直観力が必要になってきます。また重要指標発表時には一瞬で大きく値動きしますので、指標での利益を狙うにはしっかりとした事前調査が必要となってきます。

 

短期投資:デイトレード

一日以内に取引を簡潔する取引スタイルを「デイトレード」と呼びます。
数時間程度のスパンで取引を行っていきます。上記の「スキャルピング」程の瞬発性は必要ありませんが、チャートの動きやトレンドを読む力が必要になってきます。

 

中期投資:スイングトレード

取引を1日では完結させず、数日~数週間程度の期間ポジションを持ち取引をするスタイルを「スイングトレード」と呼びます。

スイングトレードを行うには、チャート形状を見ながらしっかりとトレンドを見極める。且つ、政治的な動きもしっかりと把握しながら取引を行う必要がありますので、先見性が必要になってきます。

 

長期投資

数ヶ月単位、数年単位でポジションを持ち続ける投資スタイルです。長期投資ではしっかりとした分析も必要になってきますし、少しの値動きでも動じない精神力、含み損にも耐えれるような資金管理管理の徹底も行う必要があります。長期投資で「スワップポイント」を受け取り続けるという投資方法もあります。

 

 

FX取引を始めるには

では、FX取引を始めるにはどうすれば良いのでしょうか?

 

ステップ①:資金を準備

まずは、資金を準備しましょう。資金がなければ口座を開設しても取引できません。

もちろん、なくなっても困らない「余裕資金」の範囲内で投資をするのは基本です。借金をしてまでやある必要はありませんし、生活に支障が出るような資金でもダメです。

初めてFX取引を始める場合は、10万円~30万円くらいがちょうど良いのではないかと思います。

 

ステップ②:証券会社に口座開設

次に、証券会社に口座開設です。口座がなければ取引ができないので、何も始まりません。

でも、証券会社はどうやって決めればいいの?口座開設方法は?。。。
ここにきて選択の悩みが出てきます。

おすすめ証券会社

DMM.com証券

知名度はもちろん、スプレッドも安く、各種ツールも揃っており、サポート体制も整っているので、選んで間違いはありません。

口座開設方法はとっても簡単。

住所等の必要情報を記入し、本人確認書類を送付(写真アップロードも可)するだけ。

後は1~2週間待っていればログインIDやPWが送付されてくるので、それで完了です。

 

 

ステップ③:実際に取引をしながら感覚を養う

口座開設が済んだら、一通りの操作方法を覚えましょう。

PCでもスマホでも簡単操作で取引できるので、困ることはないと思います。
もし、困った時でも24時間サポートしてくれるので安心です。

あとは、実際に取引をやってみて感覚を養っていくことです。

初めから上手くいくことはないですし、取引を行うことで自分の投資スタイルも見えてくると思います。

 

 

リスク管理は徹底する

実際に取引をしながら感覚を養おうと記載しましたが、「リスク管理」これだけは頭に入れて取引を行ってください。

 

リスクを抑えながら取引のポイント

いきなり大きな利益を上げたい。損はしたくない。と思うのが人の心理。
私もそうですが、初心者に良くありがちなのが、以下のような取引です。

■取引失敗例

・大きな利益を狙って、大損する。

・ロスカット(含み損の決済)に踏み切れず、損が膨らむ。

・重要経済指標が発表されるタイミングでエントリーしてしまい、大きな値動きに踊らされる。

 

■リスクを抑えるには

リスクを最小限する為には、、、
そう、逆に失敗例にあることにならない様に取引を行う。
これが初めは重要になってきます。

 

①欲を出さずにコツコツ利益確定

大きな利益は狙わず小さい利益を積み重ねた方がプラス収益になりやすいです。
もっと上がるのでは?その気持ちが迷いの素。もちろん場合によって、更に上がることもありますが、エントリーした時に目標にしていた価格に達した時点でしっかりと利益確定していくことが重要です。

 

②ロスカット(損切り)の徹底

含み損のままポジションを持っていて、いいことはありません。「いつかは戻ってくる」その考えの甘さが塩漬け損失スパイラルへと追いこまれていきます。思った値動きをしなかったときは、一旦ロスカット(損切り)を行い、仕切り直しをしましょう。

そこで、チャートを見直し、再エントリーすればよいのです。チャンスはいくらでもあります。

 

③重要経済指標の把握

経済指標発表時間や重要度がの情報はチェックしておきましょう。とりわけ、ニューヨーク市場が始まる22時前後に指標発表されることが多いです。指標発表時は予想外に大きく値動きしますので、初めのうちはその時間帯を避けるのが無難です。

 

 

最後に

今回は「FX取引」の基礎をご紹介させていただきました。FX取引は、短時間で巨額の利益を得ることがある反面、一瞬で損失を葬る可能性がある「リスク」がある取引です。FX取引を始める際は十分に「リスク」を理解した上で余裕資金で行う様にしてください。

自分ルールをきちんと作り、そのルールに則って取引を行えば、初期資金30万くらいの運用で、月1万程度の利益をコンスタントに出すことも難しいことではないと思います。

まずは、あまり冒険せずに余裕資金で損切りもこまめにしながら色んな方法を試してみるのが良いと思います。

 

 


ブログランキングへ登録しています。
よろしければ応援クリックお願いいたします。

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ 

おすすめ証券会社

DMM.com証券 国内口座数No.1


JFX株式会社 使いやすさNo.1




 

コメント

タイトルとURLをコピーしました