財務諸表とは?財務3表を簡単解説!

グラフ-分析-財務諸表 株式投資

 

今回は、株式銘柄選定にも重要な、「財務諸表」について説明します。

財務諸表には3種類あり、貸借対照表(B/S)、損益計算書 (P/L)、キャッシュフロー計算書(C/F)があります。

この財務諸表は、いわば ”企業の健康診断書” のようなもの。この財務諸表3表をみることで、企業が今どのような経営状態にあるのかわかるのです。

 

スポンサーリンク

貸借対照表(B/S)

貸借対照表(B/S:Balance Sheat)は、ある時点(決算日時点)での企業のどこからお金を集め何に使ったのかの金銭状況を表したものです。

貸借対照表は、資産・負債・純資産 から構成されており、この3つの関係性が「資産 = 負債  + 純資産」と、常にバランスがとれていることから、バランスシートといわれています。

損益計算書_BS

損益計算書 (P/L)

損益計算書 (P/L:Profit of Loss Statement)とは、ある一定期間における企業活動によりどれだけの利益や損失があったかを表したものです。

売上などの収益から費用を差し引いて、企業がある一定期間にどれだけの儲け、つまりは利益を生み出すことができたかを表しています。

損益計算書は、収益を売上高、営業外収益、特別利益の3つに、費用を売上原価、販売費及び一般管理費、営業外費用、特別損失、法人税・住民税お呼び事業税の5つに分類し、5段階の利益、つまり

売上総利益、営業利益、経常利益、税金等調整前当期純利益、当期純利益を算出していくように構成されている。

 

売上総利益 = 売上 - 売上原価

営業利益 = 売上総利益 - 販売費及び一般管理費

経常利益 = 営業利益 + 営業外収益 - 営業外費用

税金等調整前当期純利益 = 経常利益 + 特別利益 - 特別利益

当期純利益 = 税金等調整前当期純利益 - 法人税・住民税お呼び事業税

 

損益計算書_PL

 

キャッシュフロー計算書(C/F)

キャッシュフロー(C/F:cash flow)とは、現金の流れを意味し、企業活動により一年間でキャッシュ(現金)残高がどれだけ増減したかを表しています。

損益計算書では、現金主義(実際の現金の動き)ではなく、企業活動の実態を表そうとしているため、実際に手元にある資金だけではなく、将来に入る資金や費用も含まれてきます。

よって、企業の活動と現金収支の関係を明確にし、現金の増減を状況を把握しておく必要があるので、企業活動を、営業活動、投資活動、財務活動の3つに分けて、それぞれの現金の増減による影響度整理して示すキャッシュフロー計算書の作成が義務づけられている。

 

 

営業キャッシュフロー

👉本業の営業活動で現金をどれだけ稼いだかを表すキャッシュフロー。

 

投資キャッシュフロー

👉設備投資による固定資産の取得・売却、株式など有価証券の売買などによるキャッシュフロー。

 

財務キャッシュフロー

👉銀行からの借り入れ、借金返済、増資による資金調達などによるキャッシュフロー。

 

 

まとめ

今回は、財務諸表3表、貸借対照表(B/S)、損益計算書 (P/L)、キャッシュフロー計算書(C/F)についての基礎を記載しました。

財務諸表をみることで、企業が今どのような経営状態かわかり、株式銘柄選定にとても参考になるでしょう!

まだ触り部分しか記載していませんが、今後深堀していきたいと思います。

 

 


ブログランキングへ登録しています。
よろしければ応援クリックお願いいたします。

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました